ベッドや戸棚、大きな荷物もこれで安心!荷物の預かりサービス活用法

引越し業者も十人十色

引越しの間の基本的の荷物は引越し業者

引越し業者のメリットは、第一に少ない手続きで終わらせられる点にあります。
引越しのオプションとしてついているところもあり、引越しから荷物を預けるまでが一通りでできるところもあります。
また、引越しとセットになっていることで、料金が引越しに含まれていたり、無料で行っていたりする業者もあるそうです。
仮に有料でも、専門業者よりも比較的安価であるという利点があります。
業者が荷物を梱包、配送してくれる点も、魅力的です。

ただし、専門ではないため、難しい荷物の注文には答えにくい、という特長があるようです。
空調設備が必要なデリケートなものや、大きすぎる荷物には必ずしも対応しているとは限りません。
確認を取る必要があります。
また、期間が短く、長期の預かりを行っていない業者があるところにも注意が必要です。

基本的な荷物であれば、引越し業者に任せるのがいいかもしれません。

確認したい、引越し業者の条件

引越し業者に決めた場合にも、気をつけたいことがあります。

それが、細かなサービスの有無です。
同じ引越し業者でも、「入っていて当然」と思っていたサービスが含まれていなかったり、「できて当然」と思っていた部分が別の手続きになっていることがあります。

まず、荷物の預かりサービス自体がオプションになっている点です。
引越しするのだから預かりサービスがあって当然、含まれて当然、と考えるのは危険かもしれません。
あくまでオプションサービスとなっていないか、確認しておきましょう。
梱包サービスがついていないところもあるそうです。

次に、預ける際の注意点です。
大きな荷物やデリケートなものが預けられるか注意するとともに、その料金が含まれているのか別途料金なのかを確認しましょう。
また、預けた後に自由に取り出せないところもあるそうなので、この点も確認しておくと便利です。


この記事をシェアする